2010年11月04日

「人権擁護法案」が早期提出⇒成立の恐れ!

世間の目が尖閣問題に向いている間、どさくさにまぎれて民主党マニフェストに記載のない
「人権擁護法案」が早期提出⇒成立させられようとしている。
(ソース:日本会議地方議員連盟HP 2010年11月3日記事http://prideofjapan.blog10.fc2.com/)


■「人権擁護法案」とは
ある人が人権侵害と感じ通報した場合、設定された人権擁護委員(2万人)が
捜査令状なく一方的に対象者を捜査・裁くことができるといった法案。
「人権」の名のもとに言論・表現の自由が奪われる危険性があります。
国籍条項がないため、外国人が人権擁護委員となり日本人を裁くことも可能。
これは後に外国人参政権付与が安易に行われてしまうという危険性も孕んでいる。

人権擁護法案の危険性については動画が分かりやすいと思います。


オリンピックの真央選手評で批判の対象となった城内実議員ではあるが、
人権擁護法案についてはしっかりと危険性について発言、阻止されようと頑張られている。



今ある自由・豊かさは先人の恩恵だと私は考えます。
お子さんやお孫さんが愛しいのであれば、物質的な今だけの豊かさだけでなく
どうか豊かで自由で誇りをもてる社会を守り残してさしあげてください。
100年後を考えて、有権者として考えてください。



posted by かごめ at 01:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

新しいスタート

NHK杯。
真央選手にとってほろ苦い試合だっただろう。
一度手にした栄光を手放すのは、上位に常に組み込んでいた選手にとってさぞかし怖いことだろう。
「絶対」が約束されていない状況に自分を追い込み、
時にマイナスのイメージに流されそうになりながら孤独で長く辛い戦いに身を投じる。
ただただスケートを極めたいのだなぁ。

「勝つ」から好きなのではない。いつもひたむきに道を突き進む選手だから好きなのだ。
彼女を見ているといつも、「信念を持って突き進めば後悔はない」と教えられる気がする。
これからもずっと応援し続けるし、ファンであり続ける。

NHK放送の「豊の部屋」では、現状をしっかりと伝えてくれてありがたかった。

浅田真央 2010 NHK Trophy 豊の部屋



さて今回のNHK杯。私はアモーディオ選手にとても惹かれた。
彼のフリーには驚いた(笑)マイコー祭。
軽快なダンスに魅了され、試合だということを思わず忘れてしまった。
パフォーマーだなぁ。ロロの影をどことなく感じたり。



そしてお気に入りの映像は男子表彰式。ほのぼの。
上記映像は下記NHKサイトで確認できます。

2010NHK杯フィギュア|2010動画クリップ(2010/11/30まで)
http://www9.nhk.or.jp/figure2/




posted by かごめ at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅田真央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。