2010年11月04日

「人権擁護法案」が早期提出⇒成立の恐れ!

世間の目が尖閣問題に向いている間、どさくさにまぎれて民主党マニフェストに記載のない
「人権擁護法案」が早期提出⇒成立させられようとしている。
(ソース:日本会議地方議員連盟HP 2010年11月3日記事http://prideofjapan.blog10.fc2.com/)


■「人権擁護法案」とは
ある人が人権侵害と感じ通報した場合、設定された人権擁護委員(2万人)が
捜査令状なく一方的に対象者を捜査・裁くことができるといった法案。
「人権」の名のもとに言論・表現の自由が奪われる危険性があります。
国籍条項がないため、外国人が人権擁護委員となり日本人を裁くことも可能。
これは後に外国人参政権付与が安易に行われてしまうという危険性も孕んでいる。

人権擁護法案の危険性については動画が分かりやすいと思います。


オリンピックの真央選手評で批判の対象となった城内実議員ではあるが、
人権擁護法案についてはしっかりと危険性について発言、阻止されようと頑張られている。



今ある自由・豊かさは先人の恩恵だと私は考えます。
お子さんやお孫さんが愛しいのであれば、物質的な今だけの豊かさだけでなく
どうか豊かで自由で誇りをもてる社会を守り残してさしあげてください。
100年後を考えて、有権者として考えてください。



posted by かごめ at 01:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

日本マスコミのタブー

「悪真央」たる子供の頃の映像を集めた映像。
無邪気さに思わず微笑んでしまう。
癒される。



今となっては真央選手にとって国内マスコミは敵だらけ。
見る限り中京テレビ以外では悪意を持った偏向・捏造報道が罷り通っている。

真央選手が優勝した世界選手権においても海外のマスコミが絶賛し採点に関して疑問を呈する中、日本のマスコミは韓国選手中心の番組を作成し、真央選手にとって良い発言や映像をカットした。

自国の選手が優勝しては叩き、韓国選手は結果がどうであれ手放し称賛する。
もう見たくないのだよ、下手な編集・捏造・偏向番組は。
私は真央選手や誇りを持って頑張っている選手がただ見たいだけなのだ。

日本のマスコミはやはりおかしい。
公共電波を使いスポーツに限らず韓国を日々称賛。
韓国に都合の悪いシーンは常にカット。
2002年のワールドカップでも韓国人選手のイタリアのマルディーニ選手への蹴りのシーンをカット。審判の不可解な判決やカットに対し、番組で疑問を呈した人は飯島愛さんしかいなかった。マスコミには韓国は批判してはいけないというタブーがあるようだ。


中でも、外国人の株式保有率が法律で決まっている20%を超えているといわれるフジTVは、
よほど日本選手・日本国民が嫌いなようだ。




テレビが生まれたころ、一億総白痴化が心配された。
「考える」をテレビに奪われないでほしい。

以下の若林さんの言うことには非常に納得させられる。


posted by かごめ at 22:44| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

浸食されていく日本

実質的な外国人参政権を川崎市が認める
常設型の住民投票条例

川崎市議会は16日の総務委員会で、永住外国人らを含む18歳以上に投票資格を認める市提案の常設型の住民投票条例案を賛成多数で可決していたが、19日の市議会本会議で可決し成立した。この投票資格は「永住外国人や日本滞在が3年を超える外国人らを含む18歳以上の住民」とされている。在日韓国人2世で外国人と地元住民の交流施設「ふれあい館」(川崎市)館長のぺ・チュンドさん(63)は「当然の権利で、喜ばしい結果だ。在日外国人が行政参加するための第一歩」と評価した(共同通信)

川崎市で投票資格を持つ外国人は約1万9000人。これは阿部孝夫市長の公約。阿部孝夫市長は2009年に連合の推薦を受けて三選。「永住外国人地方参政権付与」とは異なり国会での審議ではなく、市議会で決められる常設型住民投票条例を利用して、実質的な外国人参政権を認めてしまったことで、他の市議会にも民団らが組織的な圧力をかけてくることも考えられる。

川崎市「ふれあい館」では「ふれあい館とは、日本人と在日外国人が、市民としてこどもからお年寄りまで、相互のふれあい交流をすすめるための場所です。相互理解は互いの歴史・文化などの理解から始まります 」とし「コリアンな街プロジェクト」を推進。2010年度ふれあい館人権尊重学級では「戦後の混乱期に厳しい差別にさらされた」などとしている。

また、今回川崎市で成立したものと同様な永住外国人に投票資格を与える条例は 愛知県高浜市、埼玉県美里町、広島県広島市、岡山県哲西町、茨城県総和町、香川県三野町、石川県宝達志水市、千葉県我孫子市、広島県大竹市、埼玉県鳩山町、北海道増毛町、北海道静内町、北海道三石町、三重県名張市、東京都三鷹市などで成立している(*注:市町村合併などで廃止となったものも含む)
(ソース:やまと新聞社http://www.yamatopress.com/c/1/1/2922/)


見知らぬところでまた、勝手に売国法案が通っている。
テレビや新聞での報道はあったのだろうか。
私は知らない。

外国人参政権について調べたところ興味深い記事がありました。
産経新聞ワシントン駐在編集特別委員・論説委員の古森義久さんがご自身のブログで「外国人参政権に反対する会」の代表の村田春樹さんの演説を紹介しています。

なぜ外国人参政権案は理不尽なのか
・日本国憲法一五条には「選挙権を有するのは日本国民である」とハッキリ書いてある。外国人に選挙権をよこせという裁判で、最高裁は平成七年二月二十八日に明快に否定している。さらに京都と福井でも在日韓国人が裁判を起こして、二回とも最高裁に棄却されている。つまり通算して外国人参政権は三回、最高裁判所で棄却されているんですよ。

・いいですか皆さん、民団は韓国に行って、「韓国に住む永住権を持つ外国人に選挙権を与えて下さい」というお願いをしたんですよ。すると韓国の国会は「ふざけんな、憲法第一条にも書いてあるとおり、選挙権は大韓民国国民がもつ神聖な権利である」として全員一致で否決されたんですよ

・ところが民団は「ちょっと待ってくれ、韓国にいる日本人に選挙権が与えられると、日本列島にいる韓国人が選挙権を持つことに大きな前進になるんだ。この法案さえ通れば日本は韓国の、ソウルの思い通りになりますよ」とハッキリ国会の委員会で答弁しているんですよ、皆さん。

・そしてその次の本会議では全員一致でこの法案は可決されたんですよ。どういう事がわかりますか。明らかに日本を外国の、韓国の勢力下に置こうとしているか、その意図がミエミエなんですよ皆さん。

・話は変わりますけど、北方領土も尖閣も竹島も明白な国家主権の侵害ですよね、皆さん。外国の工作員が国内に入ってきて日本人の女・子どもを拉致していく、重大な国家主権の侵害ですよね。ところが皆さんね、いま拉致の集会に行って下さいよ、閑古鳥が鳴いてますよ。北方領土の集会でも閑古鳥が鳴いてます。日本人は国家主権を侵害されて平気なんですよ。

・そしてさらに皆さん、領土も拉致も向こうから仕掛けてきたことでしょう。今度は自分たちから、自分たちの国家主権を侵害して下さいといっているんですよ。それが外国人参政権ですよ、そうじゃないですか?

・人類三千年、四千年の歴史の中で、「自分の国の国家主家を(外国に)与えましょう」そう言う政治家がいる国がありますか、皆さん。ありませんよ!人類史上はじめて日本の政治家は我が国の国家主権を他の国に渡そうとしているんですよ、まさに「売国奴」とはこのことじゃないですか!

・皆さんね、断固として外国人参政権を阻止しましょうよ。こんな事を認めたらね、世界中の笑いものになりますよ。人類の何万年の歴史の中の笑いものになります。かって日本という国があって、日本人は自ら他の国に主権を譲り渡して滅んでいった、極めて奇特な民族だ、と歴史に残りますよ!。是非、皆さんね、この外国人参政権を阻止していこうじゃありませんか。よろしくお願いします。

____________


外国の勢力下になって今まで通りの権利が保障されるのでしょうか。
ましてや反日である国の支配下で思想の自由・言論の自由・財産や生命が守られるのでしょうか。
選挙権は差別云々の問題ではありません。
日本人が日本人を守るために必要な、日本人の権利です。
日本の子供達の誇りや未来が潰さないよう守るのは、大人の仕事だと思うのです。


posted by かごめ at 03:07| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。